HP ディスプレイ一体型PC 「HP ENVY Curved All-in-One 34」 レビュー

HP ディスプレイ一体型PC 「HP ENVY Curved All-in-One 34」 レビュー
ヒューレットパッカード(HP)製 ディスプレイ一体型デスクトップPC「HP ENVY Curved All-in-One 34」のご紹介です。
たまたま設定する機会がございましたので、ベンチマークや使い勝手などをメモしたいと思います。

「HP ENVY Curved All-in-One 34」は、横幅の広い、34インチのディスプレイを持つ一体型PCで、第8世代のIntel Core i7 を搭載しています。
また、グラフィックボードは、NVIDIA GeForce GTX 1050 を搭載していることにより、3Dゲームなどを楽しむことができるマシンとなっています。



基本スペックは次の通りです。
・CPU … Intel Core i7-8700T(2.4 GHz〜4.0 GHz)
・メモリ … 16GB
・ストレージ … 512GB SSD(PCIe NVMe M.2) / 2TB HDD 5400rpm
・ディスプレイ … 34.0インチワイドIPSディスプレイ(UWQHD / 非光沢)
・グラフィック … NVIDIA GeForce GTX 1050 (4GB GDDR5)
・OS … Windows 10 Pro 64bit
・Office … なし
・Webカメラ … 有り
・無線 … IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2
詳細はこちら





CrystalDiskMark 水晶雫


まずは、ストレージの速度から。
M.2 SSD 512GBとサブストレージとして2TBのHDDを搭載しています。
起動用にはSSD、データ保存用にはHDDと分けて利用でき、容量も申し分ないと思います。

ベンチマークはこちらになります。スコアもいい感じではないでしょうか。
OSの起動はとても速いです。
HP ENVY Curved All-in-One 34 [CrystalDiskMark(水晶雫)]




CrystalDiskInfo 水晶雫


各ストレージは「CrystalDiskInfo 水晶雫」にてチェックしました。
M.2 SSD は SAMSONG MZVLB512HAJQ-000H1
HP ENVY Curved All-in-One 34 [CrystalDiskInfo(水晶雫)M.2]

サブストレージのHDDは、ST200LM007-1R8174 です。シーゲイト製なのは気になりますが。
5400rpmと速度もあまり期待できないので、データ保存用と割り切ったほうがよさそうです。
HP ENVY Curved All-in-One 34 [CrystalDiskInfo(水晶雫)HDD]




CPU-Z


CPU-Zの情報も載せておきます。

CPU
HP ENVY Curved All-in-One 34 [CPU-Z : CPU]

Caches
HP ENVY Curved All-in-One 34 [CPU-Z : Caches]

Mainboard
HP ENVY Curved All-in-One 34 [CPU-Z : Mainboard]

Memory
HP ENVY Curved All-in-One 34 [CPU-Z : Memory]

SPD
HP ENVY Curved All-in-One 34 [CPU-Z : SPD]

Graphics
HP ENVY Curved All-in-One 34 [CPU-Z : Graphics]




FF15 ベンチマーク


やはり気になるのはグラフィック性能でしょうか。
FF15のベンチマーク結果になります。
HP ENVY Curved All-in-One 34 [FF15 ベンチマーク]
FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION Benchmark
設定を変えず、デフォルトのスコアですが、「3403」と良いほうではないでしょうか。設定を変更すれば、十分楽しめると思います。




シネベンチ


シネベンチR20.0のベンチマークです。
こちらは、CPUの性能を測るベンチマークです。
HP ENVY Curved All-in-One 34 [Cinebench R20.0]
Core i7 7700K とほとんど変わらない性能がでています。




まとめ


とにかくケーブル周りがすっきりします。
PC動かすだけなら、電源だけしかケーブルをつながなくてよりです。
ただし、アダプターからの給電になります。そのアダプターがデカい!重い!
小型化するために電源を外に持ってったことの弊害でしょうが、デカいのはちょっと…


気になる点はあります。USBのポートは、PC背面と側面にしかありません。
前面にないので、取り外しを頻繁にする場合は、使い勝手が悪いです。側面は、TYPE-CとTYPE-A、電源スイッチとなっており、見た目のためにちょっとアクセスし辛いのが難点でしょうか。

もう一つ気なる点があります。
標準でついてくるワイヤレスキーボードです。
このキーボード、Fn キーを押さないとファンクションキーが使えません。不便!
Fn キーの設定を変更しようにもできませんでした。キーボードは別売のものを利用するのがいいかと思います。(なぜ、ワイヤレスが標準でついているのに、ワイヤレスキーボードが選択できたのか?でしたが、なんとなくわかった気がします)

また、ディスプレイは、縦方向の角度を調整することはできますが、横方向はできません。これはなくてもいいでしょうが、気になる方もいるかも。


良いところもあります。
音は比較的良いのではないでしょうか。
何より画面が大きく、ウインドウをならべても作業がしやすい!
これはたまりませんね。ディスプレイをさらに増やすこともできますし、クリエイティブな仕事にもつかえそうです。

個人的には、もう少しUSBポートがあっても良いのではと思います。

カスタマイズ・ご注文はこちら



関連記事


HP ビジネス向けエントリークラス 省スペースデスクトップ 「HP ProDesk 400 G5 SF」
パイオニア 密閉型 ハイレゾ音源対応 ヘッドホン SE-MX8 『ハイスクール・フリート』 モデル
Surface Pro 6 [Win10 Home / Core i7 / 1TB / 16GB / Office ] KJW-00017 の実力
Surface Pro 6 ベンチマークをとってみました!
EPSON Endeavor NJ6100E のHDDとメモリを換装
Windows 7 Pro → Windows 10 Pro アップグレード メモ(まだできる!)
旧型iPadをサブディスプレイ化してみた。
DELL デスクトップPC XPS 8300 のメモリを増設してみた!
DELL デスクトップPC XPS 8300 のメモリを増設してみた!
Windows 10のダウンロードとUSB セットアップメディアの作成
Surface Pro 6 速い!
SONY製 ディスプレイ一体型デスクトップPC 「VAIO VPCL24AJ」 SSD 換装・交換 と Windows 10へのアップグレード
DELL XPS 8300 へ GeForce GTX 660 導入しました。
2019年1月のマンスリーロールアップ(KB4480970)を適応してから、Windows 共有フォルダにアクセス出来ない場合 KB4487345 適応すべし。
DELL タワーサーバー 「PowerEdge T110 II」 SSD 換装・交換しました!
DELL Vostro 260s 電源ユニット・SSD換装(交換)
ASUS ノートパソコン X540YA を分解
Lenovo IdeaCentre B305『4GB メモリ増設と AC アダプター交換』
Lenovo H530s SSD換装・交換
Dell XPS 8300 のSSDを シリコンパワー SSD 240GB [SP240GBSS3S55S25AC] へ交換・換装しました。


2019.06.30

コメント投稿フォーム

 

最近の投稿

カテゴリ

オススメ

カプセルトイ関連

ミク関連

アーカイブ

RSS Feed RSS Feed Atom Feed TopicXML アイコン
WebBoard