TLS1.0/1.1無効化に伴うサイト表示について

TLS1.0/1.1無効化に伴うサイト表示について
事後報告になってしましたが、セキュリティの脆弱性があるTLS1.0/1.1の無効化が行なわれました。

ここ最近、あちこちのサービス(レンタルサーバやブログ、アプリケーションなど)で、ウェブページの暗号化技術のTLS1.0/1.1無効化が行なわれています。
当サイトも全ドメインで常時SSL化したこともあり、LS1.0/1.1無効化の影響があります。


当サイトは、レンタルサーバで運用しており、さくらインターネットを利用しています。ここ最近メンテナンスが行なわれ脆弱性のあるTLS1.0/1.1の無効化が行なわれました。
そのため、古いブラウザーを利用しているユーザーは見えなくなっているかと思います。

最新のスマホやタブレットを利用されている方は問題がありませんが、古いスマホやPCをご利用の方はあちこちのサイトが表示出来なくなっていると思います。


なお、利用出来ない端末やOS、ブラウザは次の通りです。

Android … 5.0未満
Internet Explorer … IE10以下
Windows … 7未満(98/XP/Vistaなど)
Apple Safari … 8以下(Win版は開発停止なため利用非推奨)
OS X … v10.8以下
iOS … 5未満

古いスマホだと色々なところで影響がでていますね。いまだにAndroid4.xを利用しているのを見かけたりします。とくにキャリアの端末は、OSのアップデートが出来ないのも影響があります。
iPadの2代目だか3代目を利用しましたが、Chromeが入れられなくて困ったことがありました。
基本的に最新版のChromeやFirefoxを利用出来れば問題ないかと思います。

中古の端末をご利用される場合には、このあたりも注意する必要があります。

※ http:〜のアクセスの際には暗号化されませんので問題になりませんが、https:〜のアクセスには影響がでます。
さくらインターネットが提供する各種サービスにおけるTLS1.0/1.1無効化の詳細


http:〜で表示する分には問題は無いのでそのまま使えますが、常時SSLをGoogleが推奨していますので(SEOの面からも常時SSLは有利)、無料で利用出来るSSLサービスも多くありますので、SSL化はドンドン進んでいくかと思います。


□ 関連記事
全ページSSL始めました!
さくらインターネット サーバアップデートに伴う アップデート後の400の対処
大量のファイルを tar したい時のメモ
こんどはSMSを使ったなりすまし詐欺
くるくる回す CSSメーカー
HOS MASTER DISK
ブラウザで作るQRコード 「QRコード メーカー」を作りました。
PCを再起動しないで、ワコムのペンタブを再起動する。
ffmpeg コマンドのバッチファイルを簡単に作れるようにしました。
「傍点(ぼうてん)」をCSSを使って文字を装飾する
2018.05.21

コメント投稿フォーム

 

最近の投稿

カテゴリ

オススメ

カプセルトイ関連

ミク関連

アーカイブ

RSS Feed RSS Feed Atom Feed TopicXML アイコン
WebBoard