さくらインターネット サーバアップデートに伴う アップデート後の400の対処

さくらインターネット サーバアップデートに伴う アップデート後の400の対処
2018年03月07日から4月10日にかけて、さくらインターネットが所有するレンタルサーバ、マネージドサーバのアップデートが行なわれております。
本日夕方頃から.htaccessで「RewriteRule」記述した所に問題があり、「400 Bad Request」が発生しましたので、対処をメモしたいと思います。
400 Bad Request


注意書きが次のページにも記載されておりました。
さくらのレンタルサーバ・さくらのマネージドサーバシステムメンテナンスのお知らせ


これは、今までの「仕様」では問題が発生しなかったのですが、アップデートに伴い仕様が変更された事による問題です。
レンタルサーバの仕様変更について(2018年3月)


具体的には、相対パスの指定に問題がありました。
先日までは、上位ディレクトリの参照(../../など)ができたのですが、こちらが禁止され、カレント(./)からのパス、フルパス(https:〜/http:〜)による指定が必要となりました。


たとえば次の様に、2階層上のindex.htmlを指定していたとします。
(http://wisp.tree-web.net/example1/example2/index.html)
RewriteRule ^index.html ../../index.html [L]


これからは、次の様な指定が必要となりました。
RewriteRule ^index.html http://wisp.tree-web.net/example1/example2/index.html [L]

相対パスでも、下層であれば指定出来るはずですが、基本的にはフルパスで指定する方が無難かと思います。


.htaccessが沢山あるとチェックも大変かなと思います。

そこで tar でまとめて固めてから、ダウンロードしてチェックしてみてはと思います。
次のコマンドを叩くと、.htaccessのみアーカイブすることができます。
find . | grep ".htaccess" | xargs tar czvf htaccess.tar.gz

ファイル名の".htaccess"を変更すれば、他のファイルも対処できます。
こういうのは htaccess.shのようなSHファイルにまとめておくと sh htaccess.sh と起動するだけで、実行出来るようになります。

オススメ!





□ 関連記事
こういうのもあるのか
全ページSSL始めました!
さくらインターネットで大きいファイルを split を使って分割する方法
大量のファイルを tar したい時のメモ
さくらインターネットの.mailfilterを使って、件名が英数字、記号のスパムに対策をしました。
さくらインターネットのスパムメール対策 おすすめ設定メモ
さくらインターネットを利用したメールがスパム扱いされるための対策について
2018.04.04

コメント投稿フォーム

 

最近の投稿

カテゴリ

オススメ

カプセルトイ関連

ミク関連

アーカイブ

RSS Feed RSS Feed Atom Feed TopicXML アイコン
WebBoard