カスペルスキーインターネットセキュリティ2009(v8.0x)を利用して「Fantasy Earth Zero」をプレイする

今時期は、セキュリティーソフトの2009年度版がいろいろ出ているので、試用ライセンスを利用して動作確認をしています。今回は課スペルスキーインターネットセキュリティ2009年版です。
→前回2009年版のセキュリティソフトについて
※この試用版は、カスペルスキーインターネットセキュリティ2008年版がインストールされているPCの場合には、利用できません。(OSの入れなおしをすれば使えます)


セキュリティソフトで一番ひっかかるのがオンラインゲームだと思います。

先日アップデートがあった「Fantasy Earth Zero」ですが、GameGuardを廃止し、独自のセキュリティを導入してから、このカスペルスキーと相性が悪くなりました。
通常は、アプリケーションルールから、指定したアプリケーションの制限を解除すればいいのですが、ゲームクライアントの振る舞いが怪しいためなのか、クライアントが強制終了(ごっそりと落ちる)してしまいます。

● アプリケーションのルール設定の例(弱い制限付きグループ)
カスペルスキーインターネットセキュリティ2009「アプリケーションルール」

これを回避するには、カスペルスキーの「プロアクティブディフェンス」を切る必要があります。
クライアントを起動する前に、「プロアクティブディフェンス」を切ると、フルウインドウでも動作します。(ルールの設定は必要)

● プロアクティブディフェンスの設定場所
カスペルスキーインターネットセキュリティ2009「システム監視」

今後のクライアントのアップデートとかで、うまく起動するようになるかもしれませんが、それまでは「プロアクティブディフェンス」を切るしかないようです。
(ちょうどセキュリティソフトを切り替えたのと、ゲームクライアントのアップデート前後の状況が重なったので、やってしまった感があります。幸いにも試用ライセンスだったのが救いです。)


使ってみた体感した動作速度は、以前の2008バージョンより早くなった気がします。ただ、定義ファイルの更新の際に、たびたびアップデートが失敗することがあるので、手動で再更新する必要があります。
また、完全スキャンのスキャン結果の表示は、以前の2008の方が、どこをサーチしていたかわかりやすかったです。(ログの展開はめちゃくちゃ遅かったですが)


...ライセンスが切れたら次のセキュリティソフトをチェックです。



■ 関連ページ
Kaspersky Internet Security 2011 の除外ルールの設定画面メモ
Kaspersky Internet Security 2010のアプリケーション起動制限の設定について
Kaspersky Internet Security 2010でトロイの木馬と検知される
Kaspersky のアンチスパムが無効になりシステムが応答しなくなる対処
Kaspersky Internet Security 2010でトロイの木馬と検知される
カスペルスキーインターネットセキュリティ2009(v8.0x)を利用して「Fantasy Earth Zero」をプレイする
2009年版のセキュリティソフトについて
カスペルスキーを利用して「Fantasy Earth Zero」をプレイする
2008.12.04

コメント投稿フォーム

 

最近の投稿

カテゴリ

オススメ

カプセルトイ関連

ミク関連

アーカイブ

RSS Feed RSS Feed Atom Feed TopicXML アイコン
WebBoard