Kaspersky のアンチスパムが無効になりシステムが応答しなくなる対処

昨日4月2日にKasperskyの自動アップデートが行われた際に、アンチスパムが無効になるトラブルがありました。

ソフトウェア側から修復するようアナウンスがありますが、実行してはなりません。実行すると痛い目見ます。(問題が解決するまでに、1時間くらいかかってしまいました。)


■ 実行してしまったので、復旧までの簡単な流れ・・・
ソフトウェア側からの通知による、修復インストールを行うと、Kasperskyのインストールディスクを要求されます。私はここでキャンセルし、定義ファイルを更新しましたが、その後PCが応答しなくなりました。


システムの強制再起動をすると、エラー報告の通知画面が表示されます。ここで、このウインドウを閉じてはいけません。このウインドウを閉じると、またシステムが応答しなくなります。(面倒ならセーフモードでシステムを起動して、Kasperskyのアンインストールを行い、再インストールするのが楽かもしれません。設定は残せますので、設定を残した形でアンインストールします。)※ 削除ツールもあります。


この「エラー報告画面」を表示したまま、[コントロールパネル]から[プログラムの追加と削除](XP)を選び、Kasperskyの[変更と削除]を選択します。


「修復」インストールを選び、画面の指示に従いインストールを行います。その後システムの再起動を行い、定義ファイルを更新してください。

再度、アンチスパムの機能が無効になった際のアナウンスが出てきたら無視します。



→サポート情報がでています。ここにも注意があり「製品の修復」は、行わないようアナウンスがあります。
Kaspersky アンチスパム機能が使えなくなってしまう件の発生と改修につきまして




■ 関連ページ
Kaspersky Internet Security 2011 の除外ルールの設定画面メモ
Kaspersky Internet Security 2010のアプリケーション起動制限の設定について
Kaspersky Internet Security 2010でトロイの木馬と検知される
Kaspersky のアンチスパムが無効になりシステムが応答しなくなる対処
Kaspersky Internet Security 2010でトロイの木馬と検知される
カスペルスキーインターネットセキュリティ2009(v8.0x)を利用して「Fantasy Earth Zero」をプレイする
カスペルスキーを利用して「Fantasy Earth Zero」をプレイする
2009.04.03

コメント投稿フォーム

 

カテゴリ

最近

フィギュア

カプセルトイ

初音ミク

アーカイブ

RSS Feed RSS Feed Atom Feed TopicXML アイコン
WebBoard

PICUP