第71回 2020年 さっぽろ雪まつり #04 大通り会場 11丁目 国際広場「第47回国際雪像コンクール」

第71回 2020年 さっぽろ雪まつり #04 大通り会場 11丁目 国際広場「第47回国際雪像コンクール」
ご紹介するのは、大通り会場11丁目、国際広場で行われていた「第47回国際雪像コンクール」の作品になります。
あいにくと撮影したときには、雪が積もってしまっていたのではっきりを作品を見ることができませんでした。


11丁目 国際広場


今年で47回目となった国際雪像コンクールの雪像です。


モンゴル
マザー・ネイチャー
子の雪像は、モンゴルの古典文学に記されている、モンゴル族は海を越え3つの川の源にあるブルハン・ハルドゥンという山にたどりつき住み始めた、という話をもとにしています。
モンゴルでは、空は父親、自然は母親と言われていることから、雪像には、自然を表す女性の姿、そしてモンゴル人の考え方を表すものとして、山、川、太陽と月を方言しました。
雪像の裏側には、モンゴルと日本の友好を象徴して、モンゴルをヤマト雲、日本を太陽にして表しています。
11丁目 国際広場 [モンゴル:マザー・ネイチャー]11丁目 国際広場 [モンゴル:マザー・ネイチャー]



ハワイ
火山の女神 ペレ
ハワイ諸島で一番大きなハワイ島、通称ビッグアイランドに位置するキラウエア火山。
ハワイの人たちは、この火山が噴火し溶岩が流れ出す様子が、“火山の女神ペレが火の中で展の神々に捧げるフラを踊っている”姿に見えるといいます。
11丁目 国際広場 [ハワイ:火山の女神 ペレ]11丁目 国際広場 [ハワイ:火山の女神 ペレ]



インドネシア(準優勝)
絶滅危惧種 オランウータン
別名“マワス”ともよばれるオランウータンは、長いテト赤茶色の毛色を持つ、とても賢い類人猿です。
インドネシアの中でも特にカリマンタン島とスマトラ島の熱帯雨林に生息していますが、絶滅の危機に瀕しています。
「オランウータンを守る」ためには、今、私たちが行動を起こさなくてはなりません。
11丁目 国際広場 [インドネシア:絶滅危惧種 オランウータン]11丁目 国際広場 [インドネシア:絶滅危惧種 オランウータン]



リトアニア
ホーム 家
この作品を、第二次世界大戦中にナチス・ドイツによる大虐殺から何千人もの命を救った日本人 杉浦千畝に捧げます。
1939〜1940年にリトアニア・カウナスの領事館に赴任していた杉浦千畝は、
自らの命を危険にさらしてまでも、迫害を受けていた人々を救うため「命のビザ」を発給し続けました。
この物語から、人が帰る場所として、そして心の安らぎとしての「家」を雪像にします。
開け放たれたドアは、帰ってくる者を向かい入れます。長い間飼い主を待ち続けたハチ公、そして杉浦から生き残るための切符・ビザを与えられた者たちにも、どんなに辛い状況にあっても、そこには「家」が待っています。
11丁目 国際広場 [リトアニア:ホーム 家]11丁目 国際広場 [リトアニア:ホーム 家]11丁目 国際広場 [リトアニア:ホーム 家]



フィンランド(3位)
スパイラル
自分自身を理解し愛するには、自らの内面を見つめなおすことが必要です。
それはまるで終わりなき旅の様ですが、私たちに無限の力と叡智を与えてくれます。
11丁目 国際広場 [フィンランド:スパイラル]11丁目 国際広場 [フィンランド:スパイラル]



マカオ(中国)
弄騰
幸福で平和な空を自由に駆けるペガサス。
その激しく空を駆け上がる姿は、世界中の人々に世界平和を力一杯呼びかけ、より素晴らしい明日を共に築こうという願いを象徴しています。
11丁目 国際広場 [マカオ(中国):弄騰]11丁目 国際広場 [マカオ(中国):弄騰]



姉妹都市・ポートランド市(アメリカ)
切り株の街 スタンプタウン
オレゴン州ポートランド市には、切り株の街(スタンプタウン)というニックネームがついています。
切り株の中にいる森の友達が楽しそうにしています。
立体感を生み出すシャドーボックスという独特な技法は、太陽の日差しから守ってくれます。
11丁目 国際広場 [姉妹都市・ポートランド市(アメリカ):切り株の街 スタンプタウン]11丁目 国際広場 [姉妹都市・ポートランド市(アメリカ):切り株の街 スタンプタウン]



ポーランド

ショパンコンクール
子の雪像のデザインは、ピアノからインスピレーションを得ましたが、ポーランドと日本のつながりを探求したことがきっかけでもありました。
両国に共通することは、フレデリック・ショパンの創造性への賞賛です。
「ショパン・コンクール」と題したこの雪像は、音楽と雪像、そして日本とポーランドを、世界に通ずる芸術という共通項のもとで切れ目なく繋ぎます。
11丁目 国際広場 [ポーランド:ショパンコンクール]



タイ(優勝)
世界の未来を私たちの手で守ろう
気候変動問題について地球の生物多様性への脅威が増大しつつあります。
もし温暖化を放置しておくと、気温上昇により生物の生息環境が悪化する恐れがあります。
例えば大きなウミガメは私たち人間の活動によって多くの被害に直面しています。
採掘されたり、乱獲されたり、安心して産卵できる砂浜が減少することにより、安心して暮らしていけないことがウミガメの抱える問題です。
自然環境を残し、多様な生物を育む自然環境を保全するかどうかは私たち次第です。
11丁目 国際広場 [タイ:世界の未来を私たちの手で守ろう]11丁目 国際広場 [タイ:世界の未来を私たちの手で守ろう]



シンガポール(4位)
XYZ スター
私たちの住む世界には、調和の中に様々な形、形状、幾何学が存在しています。
そのひとつひとつは違う形でも、つなぎ合わせると美しい1つの形になります。
この雪像デザインは、くす玉の折り紙に影響を受けたシンガポールの数学者であり折り紙作家でもあるフランシス・オウ氏からヒントを得ました。
X-Y-Z軸の交わる6つの三角形からできている星形です。
11丁目 国際広場 [シンガポール:XYZ スター]11丁目 国際広場 [シンガポール:XYZ スター]



オーストラリア
オスとラリアのネイティブフラワー“ワラタ”
ワラタは、鮮やかな赤い花と深い緑色の葉が特徴的なオーストラリアでしか見ることのできない花です。
オーストラリアの先住民族アボリジニの言葉で「美しい」を意味するワラタは、サウスウェールズ州の州花に指定されています。
11丁目 国際広場 [オーストラリア:オスとラリアのネイティブフラワー“ワラタ”]



以上です。
今年も細部までよく作られた雪像が素敵でした。
ただ、撮影タイミングがわるく、いずれも雪がかぶってしまった状態となってしまいました。
もう少しきれいな雪像をおさめたかったな。



関連記事


第71回 2020年 さっぽろ雪まつり #06 すすきの会場 #02
第71回 2020年 さっぽろ雪まつり #05 すすきの会場 #01
第71回 2020年 さっぽろ雪まつり #04 大通り会場 11丁目 国際広場「第47回国際雪像コンクール」
SNOW MIKU 2020 サッポロファクトリー会場 2020年09日(2日目)
SNOW MIKU 2020 サッポロファクトリー会場 2020年08日 みてきました。
第71回 2020年 さっぽろ雪まつり #03 大通り会場 (12丁目 市民の広場)
第71回 2020年 さっぽろ雪まつり #02 大通り会場
第71回 2020年 さっぽろ雪まつり #01 大通り会場
2020.02.11

コメント投稿フォーム

 

最近の投稿

カテゴリ

オススメ

カプセルトイ関連

ミク関連

アーカイブ

RSS Feed RSS Feed Atom Feed TopicXML アイコン
WebBoard