2011から2009へのダウン。Windows Live Essentials 2011の削除

2011から2009へのダウン。Windows Live Essentials 2011の削除
先日アップデートの際に、インストールしたWindows Live Essentials2011を削除し、Windows Live Mail 2009にもどしました。(Windows Live Essential 2011をダウングレードしました。)


戻し方は簡単です。
念のために連絡先や、メールをバックアップ保存します。


■ Windows Live Essentials 2011の削除とWindows Live メールのインストール
※ Windows 7を元に説明しています。
※ Windows Live Essentials (2009版)のURLを文末にリンクしています。
1)コントロールパネルから、「アンインストール」を選択します。
2)一覧にある、「Windows Live Essentials 2011」を削除します。
この際、一覧に表示される、すべてのアプリケーション(Messengerなどすべてのチェックを[ON]にします。)を削除します。
3)再起動要求された場合は、PCの再起動をします。
4)「Windows Live Essentials (旧名: おすすめパック)」をMSのサイトからダウンロードしてインストールします。
5)以上で、ダウングレード完了です。

※ おすすめパックをインストールするには、Windows Live Essentials (旧おすすめパック)ダウンロードページへ。


※ これより先は、設定推奨です。
6)しばらくすると、Windows Updateの通知が頻繁にはいります。そのままアップデートすると、元通りになっていまいます。そこで、Windows Updateの対象外とします。
コントロールパネルから「システムとセキュリティ」→「Windows Update」を選択します。
Windows Update (1)
7)更新プログラムの中から、「Windows Live Essentials 2011」を選択し、右クリックし、「更新プログラムの非表示」を選択します。
Windows Update (2)
8)OKボタンを押して、確定します。
以上で、何度も通知されないですみます。


■ 非表示にした、更新プログラムの再表示
設定を戻すには、「非表示の更新プログラムの再表示」から非表示の解除ができます。
Windows Update (3)




■ 関連サイト
Windows Live メール
Windows live メール 2011にて閲覧時の本文表示フォントの変更ができません。作成時もできないようです。


■ 関連ページ
Windows Live Mail 2011 がものすごく改悪されている件について


■ 更新情報
2011/03/10 旧おすすめパックへのURLを追加しました。
2011/04/25 文章の修正
2011/12/12 indows Live メールのみのリンク先が無くなっておりましたので、削除しました。旧URLは、http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=56883de5-2024-4631-806e-757693072a1c&displayLang=ja です。
2010.11.01

コメント投稿フォーム