Internet Explorer 8 の新機能「Webスライス」を実装してみました。

今日、ブログに「Webスライス」ができる機能を追加してみました。
このWebスライスですが、マイクロソフトの独自規格でInternet Explorer 8で利用できます。

Webスライスは、欲しい記事を「スライス」して抜き取ることができ、常に最新の情報を入手することができます。
実装は比較的簡単で、スタイシートを宣言するような感覚で利用できます。(Webスライス仕様で利用するスタイルシートのIDやCLASSを既に利用していた場合には、変更などの手間がありますが・・・)普及するかどうかはわかりませんが、面白そうなので実装してみました。


■ 使い方
<Internet Explorer 8の場合>
1)該当記事にマウスを合わせます。
2)緑色の枠線で囲まれ、左上にアイコンが表示されます。
Web Slice
3)アイコンをクリックし、表示されるウインドウを確認して、「お気に入りバーに追加」をクリックします。
Web Slice
追加された記事は、以下のように表示されます。
Web Slice


■ Webスライスの仕様などは、以下のサイトから確認できます。
・Subscribing to Content with Web Slices (英語)
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/cc196992(VS.85).aspx
・OpenService Format Specification for Accelerators - Version 0.8 (英語)
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/cc304163(VS.85).aspx
・Web Slice Format Specification - Version 0.9 (英語)
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/cc304073(VS.85).aspx
ページは、英語で書かれていますが、サンプルソースがありますので、試してみてはいかがでしょうか。

2010.02.16

コメント投稿フォーム

 

最近の投稿

カテゴリ

オススメ

カプセルトイ関連

ミク関連

アーカイブ

RSS Feed RSS Feed Atom Feed TopicXML アイコン
WebBoard