DATE 2 TIMEを2038年1月1日までしか計算しないようにしました。

YYYYMMDD形式の日付から1970年からの経過時間を算出する「DATE 2 TIME」について、2038年1月1日までしか計算しないようにしました。

これは、2038年問題によるもので、2の31乗-1秒(2,147,483,647秒)を超えると正しく計算できなくなるためです。

これを超える場合には、現在の日付が表示されるようにしました。問題の先送りでありますが、とりあえずエラーが出ないようにしました。

2008.08.12

コメント投稿フォーム