検索エンジンの公平性

 昨日impressの記事をみていると、気になるものがありました。それはこのブログでも紹介した初音ミクです。その「初音ミク」で大手検索エンジンで画像検索すると、該当する画像がヒットしないというものです。また、ウィキペディアでも微妙な動きをしており、なにやら裏で動いているのがいそうです。
 (※ 初音ミクは音声合成ソフトウェアです。)

 記事によると、Googleではバグとの発表とありますが、同日ごろからYahooでも表示されなくなっていることから、かなり怪しいです。なぜなら、YahooとGoogleは検索エンジンのアルゴリズムが違うはずなので、同時に近い時間で表示されないのが不思議です。ただ、マイクロソフトのMSNサーチでは、ちゃんと表示されます。

 以前NHKでGoogleの特集があり、国や団体など要請により、検索結果の変更をしたと放送されました。
 日本でもいくつかの検索エンジンを作ると発表があますし、一部の大学では、独自のクローラが存在しています。
 ここは、オープンで公平で、中立な検索エンジンが必要になるのではないでしょうか。今回の「初音ミク」で、より必要性を感じるようになりました。


Googleの場合
Google画像検索
→ 実際の検索

Yahooの場合
Yahoo画像検索
→ 実際の検索

MSNの場合
MSN画像検索
→ 実際の検索




○ 関連サイト
Google 画像検索
Yahoo 画像検索
MSN 画像検索
「初音ミク」の画像が検索できない〜発売元は「削除は依頼していない」
NHKスペシャル“グーグル革命”の衝撃  あなたの人生を“検索”が変える
経産省主導で検索エンジン開発のコンソーシアムが発足、グーグル独占に危機感(日系BP社)


2007/10/21 02:40追記
Yahooの画像検索において、関連画像が表示されることを確認しました。
ただし、Googleは依然として、表示されません。

2007/10/24 12:45追記
Googleの画像検索でも表示可能となりました。関連の話題がITmediaでも紹介されています。いったい何が原因だったのでしょうか・・・

2007/10/30 01:30追記
おまけとして、グーグル八分(ウィキペディア)をご案内します。また、ユアペディアの関連ページもご案内します。
それぞれ検索エンジンの影響などが表記されています。
2007.10.19

コメント投稿フォーム