B級な夢

昼寝していたときの夢

何かの施設から脱出し、助けられる夢です。
相変わらず突然始まります。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

自)「脱出しなくては・・・」
施設に設置されている監視カメラを気にしつつ、何かのスプレーをカメラへ吹きかける。

階段を下りつつ、次の監視カメラにも、同じようにスプレーする。ふと後ろを振り返ると、
監視カメラから何か機器が出現し、スプレーした成分をチェックしている。

しばらくすると、室内にガスが充満してくる。先ほど吹きかけた香料と同じものがあふれる。

自)「バカな機械、ただの香料なのに・・・」

階段を下りつつ、非常口から外へでる。それでもまだ建物の屋根。

階段を下りつつ急いで外に出ようとすると、後ろから声をかけられる。

女)「逃げても無駄、ほら出入り口が閉鎖しているでしょ」

門のドアが閉鎖を開始している。
それでも、なんとか室外にでた。

女)「塀の上を飛び越えようとしても無駄よ、なぜなら・・・」

そういいつつ、足元の小石を塀の外へ投げる。すると、「バチッ」という音で砕け散る。

女)「ほら」

自)どうしたものかと自問していると。

「武器をすて、両手を挙げろ!」という声がした。振り返ると、警備員らしき人が武器を携帯しつつ、こちらに迫る。

すると、突然「それはお前だ」という声の元、警備員が吹っ飛ぶ。

男)「危ないところでしたね。」

そういいつつ、吹っ飛ばした警備員から手錠を奪い、なれた手つきで縛り上げる。

男)「あなたも使う?」
そういうと手錠をみせる。

女)「変態」

そういってなぜか一緒に脱出することに。
(門が閉まっていたはずだけれど、なぜか緊急車両で脱出し、緊急車両だと通れた。)

場面が変わり、マッチョの人が多いところに・・・

マッチョ)「女性には兵士は無理だ」

女性が、走り去る。

自)「女性だからって兵士にはなれないことはない!」

そういう自分をみてマッチョが大笑いする。
そして、お互いこぶしを作り、二の腕に軽くパンチをして仲直り。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 ここで目がさめましたが、夢のストーリーがそれなりに続いてて、B級映画のような展開でそれなりに楽しめました。
 リアルだったし、昼寝のときだと結構覚えているものですね。
2007.07.22

この記事へのコメント

よっち
マッチョド━(゚ロ゚)━ン!!!!!
2007/07/23(月)10:02:14
ういすぷ
何でマッチョでたんだか意味不明です。
ビルダーの胸のピクピクだけは生理的にだめ。
2007/07/23(月)21:58:52

コメント投稿フォーム