仕事の速さと黄昏る烏

 今日、朝起きて何気なく外を見ると、電柱に烏の巣が出来ていました。このところカラスが舞っているとは思っていたのですが、まさか巣が出来ているとは思いませんでした。
烏の巣

私も黙ってはいません。
早速電柱を管理している電力会社へメールで連絡しました。
私の地方では「北海道電力」通称「ほくでん」です。

すると、夕方にはほくでんの担当者から撤去をするとの連絡がありました。
外を見ると、すでに作業車両か着ていました。仕事速いです。
烏の巣「撤去中」

遠くで烏が残念そうに鳴いています。
ま、人間の縄張りですから当然人間のルールに従ってもらいます。
(子作りすると、相手も縄張り主張します)


作業を見ていて気づいたのですが、黄色くスプーンの様な羽がついた回転する風車風の器具を取り付けていました。(名前がわからない・・・)これはカラスよけなんですね。最初は風力を見ていると思っていました。


最後は撤去後の写真。
烏が巣のあったところに来ていますが、すでに撤去されています。
寂しそうですね〜。しばらく鳴いていた。
烏の巣「撤去後」


今時期は繁殖時期です。
烏には注意したいものです。


○関連サイト
札幌市 みどりの推進部
2007.05.28

コメント投稿フォーム