Outlook (Microsoft Office) を管理者(Administrator) 権限でセーフモードを起動する。

Outlook (Microsoft Office) を管理者(Administrator) 権限でセーフモードを起動する。
Microsoft Officeのメールクライアント「Outlook」を管理者(Administrator)権限でかつ、セーフモードで起動する必要があり、調べてもうまくヒットしなかったので、やり方をメモしておきます。

セーフモードの起動は、CTRLを長押ししながら、アイコンをクリックし、確認画面で「OK」するだけです。
これで、セーフモードで起動できます。

詳しくは次のURLからご確認ください。
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/881075


しかし、このままでは管理者モードで起動することができません。
私はこれでは待って、Outlookがうまく起動出来ず大変でした。


管理者モードは、一つ設定するだけで行えます。
設定後は、元に戻す必要があります。


□ 設定方法
1)スタートアップから、起動したいOffice製品を選び、「右クリック」し、「プロパティ」を選択します。
スタート


2)ショートカットタブが開かれますので、「互換性」タブをクリックします。
プロパティ

プロパティ


3)特権レベル項目から「管理者としてプログラムを実行する」にチェックをいれ、OKボタンをおします。
プロパティ


4)あとは、セーフモードの起動と同じ方法で、プログラムを起動します。
CTRLを長押ししすながら、プログラムをクリックします。


5)セーフモード起動確認ウィンドウが表示されますのでOKボタンをおします。
セーフモード起動確認ウィンドウ


以上の方法で、管理者権限でかつ、セーフモードが利用できます。
これで、削除や設定が出来ないアドインを処理できます。



□ 関連記事
Windows Service Pack ダウンロードメモ
大量のファイルを tar したい時のメモ
不要なファイルを削除「Windows ディスククリーンアップ」でスッキリ
いつでもドキッ ブルースクリーンが体験できる「Bluescreen Screen Saver」
NTFSの最終アクセス更新を制限する。
Windows 10のアップデート途中で電源を落とし、ブートが壊れたPCを直してきました。
ポップアップがうるさいWindows 10へのアップグレードを防止する「Never10」を使ってみた。
Windows 7/8.1 Windows 10が自動更新されるための対処
2017.01.11

コメント投稿フォーム