いつでもドキッ ブルースクリーンが体験できる「Bluescreen Screen Saver」

いつでもドキッ ブルースクリーンが体験できる「Bluescreen Screen Saver」
ブルースクリーンを手軽に体験出来る、BlueScreen Screen Saver が面白い。
こちらは、マイクロソフトの公式からダウンロード出来る、ちゃんとしたソフトウェアです。
もう、狂っているとしか思えませんが、なかなか面白いスクリーンセイバーです。


実行条件としては、DirectXを利用していること(オンラインゲームなどを動かしているPCなら問題なし)
Windowsの起動画面「スプラッシュ画面」はWindows7では変更されません。
スクリーンセイバーのプログラム自体が古いので、あまり細かい所は期待できません。
※ あくまでもジョークソフトです。いたずらはだめですよ。


□ インストール/利用方法
1)TechNetよりダウンロードします。
「Bluescreen のダウンロード」ボタンを押すとZIP形式で圧縮されたファイルがダウンロード出来ます。
https://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/bluescreen.aspx


2)解凍
SysInternalsBluescreen.scrとEula.txtファイルが解凍されます。


3)インストール
「SysInternalsBluescreen.scr」を右クリックします。

「インストール」ボタンをクリックします。
Bluescreen Screen Saver インストール


4)画面設定
Bluescreen Screen Saver インストール
スクリーンセイバーの時間など各種設定します。

登録すると小窓が表示されます。「Fake disk activity」をチェックすると、メモリダンプなどを模倣します。しかし、Windows7など最近のOSでは動作しませんので、チェックしても意味がありません。


これだけで、いつでも心臓にダメージが来ます。
オススメしません。
あと、いたずらに利用するとまずいです。テストなどに使うにはいいかも。


はいふりアプリというアニメ連動アプリがありますが、こちらの写真機能も面白いです。
はいふり アプリ
はいふり アプリ
こんな感じで笑い飛ばすのもありですよ!


※ あくまでもジョークソフトです。


□ 関連記事
NTFSの最終アクセス更新を制限する。
SONY VAIO PCG-21613N のHDDをSSDへ交換・換装 しました。
DELL Inspiron 620s のHDDをSSDへ交換・換装 しました。
I-O DATA HDCS-U500 外付けHDDの分解メモ
さくらインターネットの.mailfilterを使って、件名が英数字、記号のスパムに対策をしました。
JR北海道 千歳線、快速エアポート 夜の車窓です。 素材にでも。
Windows 10のアップデート途中で電源を落とし、ブートが壊れたPCを直してきました。
ポップアップがうるさいWindows 10へのアップグレードを防止する「Never10」を使ってみた。
DELL Inspiron 660s のHDDをSSDへ交換・換装 しました。


□ 関連サイト
BlueScreen
Windows管理者必携ツール「Sysinternals」 - Bluescreen Screen Saverを使いこなす:ITpro
Windowsの「死のブルースクリーン」を体験できる“公式スクリーンセーバー” - はてなニュース
2016.07.09

コメント投稿フォーム