DELL Inspiron 620s のHDDをSSDへ交換・換装 しました。

DELL Inspiron 620s のHDDをSSDへ交換・換装 しました。
DELLの Inspiron 620s のHDDをSSDへ交換・換装 しました。
こちらはスリムタイプのデスクトップPCで、比較的低価格で販売された製品です。

□ 交換・換装対象マシンの基本スペック
型番:Inspiron 620s
CPU : Core i 3
OS : Windows 7 64bit → Windows10アップグレード済み
メモリ : 4GB ()
HDD : 500GB (Western Digital WD5000AAKX)
グラフィック : チップセット内蔵
USB :背面 USB2.0 ×6、前面 USB2.0×2

CPUやHDDのサイズなど、少し乏しい感じですが、ビジネス用途で使う分には十分な、廉価PCとなっています。

こちらが全体イメージ(HDDは取り外した状態です)
DELL INSPIRON 620s
S-ATA電源が3、内2つ使用済み。
S-ATA端子が4、内2つ使用済み。


□ 開け方
背面にビスが2本ありますので、そちらを外すと、蓋をスライドさせて開くことができます。
あとは、ドライバー不要で、HDDやメモリ、拡張ボードなどを取付け可能です。

ディスクのコピー方法などは、こちらの「DELL Inspiron 660s のHDDをSSDへ交換・換装 しました。」をご参照ください。


□ SSD
今回取付けたSSDは「Crucial CT240BX200SSD1 240GB」です。
Crucial CT240BX200SSD1 SSD 2.5インチCrucial CT240BX200SSD1 SSD 2.5インチ
3.5インチ拡張のマウンタはありませんので、必要があれば別途購入する必要があります。ですが、SSDはとても軽い製品ですので、結束バンドで固定でも十分です。


□ ベンチマーク結果(CrystalDiskMark 3 Shizuku Edition)
変換の前後のベンチマークです。

HDD ベンチマーク
CrystalDiskMark 3 Shizuku Edition

SSD ベンチマーク
CrystalDiskMark 3 Shizuku Edition

前回設定しました「DELL Inspiron 660s」から比べると、あまり速度がでていませんが、HDDの時に比べて速度が出ています。起動/シャットダウンも、圧倒的早さでした。

まだ、いくつかSSDへ切り替えるPCがありますので、そちらもご紹介したいと考えています。
お楽しみに!



□ 関連記事
I-O DATA HDCS-U500 外付けHDDの分解メモ
DELL Inspiron 660s のHDDをSSDへ交換・換装 しました。
ディスプレイ一体型VAIO(SVL241B12N)のHDDをSSDへ変換しましたメモ。
一体型VAIO SVL241B12N のHDDをSSDに交換しました。
Lenovo IdeaCentre B305 のHDDをSSDに取替えました。 ベンチマークも。
古いSSDは遅いね。 結果とか。
128GB SOLID STATE DRIVE (SSD) を導入!

2016.06.27

コメント投稿フォーム