DELL Inspiron 660s のHDDをSSDへ交換・換装 しました。

DELL Inspiron 660s のHDDをSSDへ交換・換装 しました。
PCのHDD不調に合わせて、SSDへ交換・換装しました。
今回は、DELLのInspiron 660sという小さいデスクトップPCです。


□ 今回準備したハードウェア/ソフトウェア
SanDisk SSD PLUS 120GB SDSSDA-120G-J25
サンワサプライ 2.5インチSSD/HDD変換マウンタ TK-HD251
USB3.0変換ケーブル 1.0m USB-CVIDE4
Acronis True Image HD 2014(同梱されていません)
CrystalDiskMark Shizuku Edition
・作業用PC


□ 交換・換装対象マシンの基本スペック
型番:Inspiron 660s
CPU : Pentium G2020 (2.90GHz)
OS : Windows 8 64bit → Windows10アップグレード済み
メモリ : 4GB (DDR3 SDRAM 1600MHz)
HDD : 500GB (Western Digital WD5000AAKX)
グラフィック : チップセット内蔵
USB : 2.0 x6, 3.0 x2

CPUの性能は少し低いですが、ビジネス用途であれば、十分な性能を有するPCです。


1)電源ケーブルほか、接続しているケーブル類をすべて取り外しします。

2)背面ビス2本を外し、光学ドライブとHDDが固定されていく器具を外します。
外し方については、マウントに絵柄が記載されていますので、その通りに作業します。

S-ATAケーブルは色分けされています。
SATA、電源ケーブル接続
青色がHDDです。

3)外したHDDから「Acronis True Image HD 2014」を利用してディスクイメージを作成しました。
※ 今回は、別途ダウンロード出来るクローニングソフトウェア(EZ Gig IV)は利用していません。

4)SSDへ先ほど作成したディスクイメージをコピーし、2.5インチ→3.5インチ変換マウンタを利用して器具へ取付けます。
サンワサプライ 2.5インチSSD/HDD変換マウンタ TK-HD251

ビス位置が合わないので、結束バンドで固定しました。
換装

5)PC本体へ取付けて、電源を入れ、動作を確認して完了です。


□ ベンチマーク結果(CrystalDiskMark 3 Shizuku Edition)
変換の前後のベンチマークです。

HDD ベンチマーク
HDD ベンチマーク

SSD ベンチマーク
SSD ベンチマーク


ほぼ仕様通りの速度は出ているのではと思います。
Windows10にアップグレード済みPCですが、起動速度も明らかにアップしています。
試しにインストールされていたアンチウイルスソフトでフルスキャンを行ないましたが、30分ほどで終了しました。
ファイル数も少ないのも影響してかなりの早さが出ています。

良い感じです。


□ 関連記事
Windows 7/8.1 Windows 10が自動更新されるための対処
LaCie (エレコム) Desktop Porsche USB3.0/4TB LCH-PSD040U3A を使ってみた。
Acer ASPIRE 3820T-N52B をリストアしたので、不要ソフトを削除しました。メモ。
ディスプレイ一体型VAIO(SVL241B12N)のHDDをSSDへ変換しましたメモ。
『Windows 10 Insider Preview ビルド10162』 Oracle VM VirtualBox へのインストールメモ
一体型VAIO SVL241B12N のHDDをSSDに交換しました。
Lenovo IdeaCentre B305 のHDDをSSDに取替えました。 ベンチマークも。
古いSSDは遅いね。 結果とか。


2016.04.16

コメント投稿フォーム